現在妊娠中でゆったり生活
*
ホーム > 日記 > 私達が買うときには

私達が買うときには

「スプレッド」とはFX取引は通貨を売買して利ざやを狙う投資です。

売り買いの値段は常に変化しています。

 

それが為替市場です。

 

ニュースサイトを見ていると、通貨の市場のニュースが流れます。

 

見かけるのが、「現在の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを提示しています。

別の言い方をすると、FXには買いと売りの2個の価格が存在している事を表しています。

売値、買値ではなく、BID、ASKと提示しているFX取引会社もあります。

 

普段は買値よりも売値が小さく設定されるものです。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

その差分をスプレッドといいFX会社の稼ぎのひとつといわれています。

 

スプレッドの狭さはFX会社によって変わります。

 

スプレッドの狭さは自分自身にとって手数料になるので、低いFX業者をセレクトするほうが有利になります。

 

ただし、状況に応じてスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

 

通常は円とドルの通貨ペアでたった1銭のスプレッドの幅だとしても市場の変化がとても大きいときには大きくなる事があります。

 

という事で、スプレッドが小さいのと合わせて安定している事が不可欠です。

 

今では決まったスプレッドを示す業者も数多くあったりします。

 

リアルに業者の取引画面の中で実際の相場を見て確認しなければ判別できないのでわずらわしいですが必要不可欠な事です。

 

重要な投資資金を投じて取引をするのだから、注文の前に気になるFX会社の取引するための口座開設をして示されているスプレッドの差を確認しましょう。

 

同じペアでもそのタイミングのマーケットの変動率によって、通貨のスプレッド幅は異なります。

 

普通は、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドが狭くあとのペアではスプレッドの広さが広がる事がよくあります。

 


関連記事

お金即日|ネットで検索して辿りつける消費者金融業者の一覧を見ると...。
金融機関からの借り入れを考えているなら、軽々しくバイトの職場を色々と変えたりせず...
ヨーグルトと運動で便秘を改善
それほどひどくはないけど何度か便秘になった経験がある。 大体痩せようとして食事制...
私達が買うときには
「スプレッド」とはFX取引は通貨を売買して利ざやを狙う投資です。 売り買いの値段...